これまで大量生産は海外での生産が主流でしたが、現在の市場の動向や需要の変化により、国内で大量生産するメリットが高まってます。

近年、海外での製造が物価上昇、人件費の増加、通貨の変動などの影響を受けて、その経済性が低下しています。これらの要因はコストを押し上げ、製品価格への影響を避けるためにはその負担を企業が引き受けなければなりません。 これに対し、国内での製造には数多くのメリットがあります。まず、品質管理が容易になります。国内生産ならではの厳しい品質基準のもとで製造され、製品の安全性やパフォーマンスを確保できます。 また、国内製造は短いサプライチェーンを実現します。これにより、製造から販売までの時間を大幅に短縮し、マーケットの変動に素早く対応することが可能となります。送料や通関などの追加コストも省くことができます。 さらに、製造プロセスの透明性を保てます。意識的な消費者は製品の産地に関心を持ち、どのようにして製品が作られているかを知りたがっています。国内生産は、製品がエシカルな方法で製造されていることを確認しやすくします。 このように、海外生産のコスト増に対して、国内生産は品質、速度、透明性の面で優れた選択肢となります。

企業向けの本革ノベルティについて

弊社では企業向けの革ノベルティの企画、製造を行っており、お客様の要求やブランドイメージに合わせた高品質な革製品を、企画段階からニーズや目的に合わせた喜ばれる本革ノベルティを共に創り上げることを目指しています。

弊社の最大の強みは、国内製造においても大量生産に対応できる体制を整えることで、お客様の多様な要求に迅速かつ柔軟にお応えできるところです。お客様に安心してご利用いただけるよう、短納期でも安定的に供給できる製造ラインや品質管理体制を整え、決められた納期を厳守します。

本革ノベルティの大量生産に向いている理由

ノベルティと一口に言ってもその種類はたくさんあり、もちろんそれぞれ大量生産によるメリットはあります。あまり知られてはいませんが本革という素材も大量生産することによるメリットが大きい素材の一つです。

コストダウンのメリットが大きい

天然の素材である本革は素材そのものの単価が高く、大量生産で素材のコストの下げ幅を他の素材よりも大きく確保できる為、大量生産することによるコストダウンのメリットを大きく受けることができます。大量生産にはエコノミーズ・オブ・スケール(規模の経済)という概念が適用され、これは生産量が増えるほど単位あたりの生産コストが下がるという経済原理です。国内製造での大量生産も同様にこの原理が働きます。 まず、原材料の購入におけるコスト削減が考えられます。大量の原材料をまとめて購入することで、単価を下げることが可能です。国内製造であれば、輸送コストも軽減できます。 次に、生産設備の利用効率も向上します。設備は一定のコストを要しますが、生産量が増えれば単位製品あたりの設備のコストが下がります。 また、労働コストも削減できます。大量に生産すればするほど、1つの製品を作るのに必要な労働時間が短縮され、これも一部のコスト削減に寄与します。 さらに国内製造ならではのメリットとして、市場との距離が近いことから、市場の変動に迅速に対応し、在庫の適正化、在庫コストの削減が可能となります。 上記の要素の相乗効果により、国内製造でも大量生産が進むと、単位製品あたりのコストが下がる傾向にあります。これにより、製品をより競争力のある価格で市場に提供できるため、大量生産のメリットとしてコストダウンは大きな位置を占めるのです。

初期投資を抑えて大量生産に対応できる

国内での生産が初期投資を抑えられる理由として先ず、インフラと技術力があります。日本は製造業の強い国として知られており、高度な技術と強固なインフラを持っています。これにより、設備投資を抑えつつ、高品質の商品を大量に生産することが可能です。 また、スキルを持った労働力も日本の強みです。職人気質の工員たちは、製品の品質を保つための高度な技術を持っています。これは、初期段階での訓練コストを軽減し、生産効率の向上に貢献します。 さらに、国内生産により物流コストが削減できます。海外生産の場合、配送コストや関税が高くなることがあります。しかし、国内生産ならば、これらのコストを大幅に削減することが可能です。 また、海外生産の場合、コミュニケーション障壁や文化の違いによる誤解が発生する可能性がありますが、国内生産ではそのリスクを避けることができます。 以上の理由により、初期投資を抑えつつ大量生産を実現するためには、国内生産が最適な解決策となることが多いのです。
また、本革製品の大量生産の場合、プラスチック成形における金型などの初期費用と比べると、大量生産へのハードルが低いです。また、弊社では在庫にある本革を使用するため、他社よりも初期費用を抑え、素早く取り掛かることができるため、生産のリードタイムも大幅に短縮できます。

大量生産にもかかわらず短納期で納品が可能

弊社では豊富な下地在庫をかかえているので、素材を手配する期間を短縮でき、大量生産においても短納期で安定的に供給する事が可能となっています。国内生産における短納期の実現には、その他いくつかの主要な理由があります。まず、国内製造は、生産からお客様への配送まで物流が大幅に短縮されます。海外生産には海上運送や関税などの手続きが伴い、その手間と時間が省かれます。これは製品をスムーズに、迅速に顧客に届けることを可能にします。 また、国内生産による短納期のもう一つの要因は、サプライチェーンのコントロール力の向上にあります。生産地が近いことで、生産から配送までの一連のプロセスに対する見通しが向上します。これにより、製造スケジュールを細かく管理し、迅速な対応が可能となります。 さらに、国内生産のメリットとして、市場の変動に迅速に対応できることも挙げられます。新製品の製造や既存製品の改良を素早く行い、瞬く間に変化する市場ニーズに対応することが可能です。 大量生産の場合でも、これらの要素が組み合わさることで、国内生産は高速な製造と納期の達成を可能にするのです。短納期は顧客満足度の向上に寄与し、信頼性の獲得とビジネス成長につながります。

本革ノベルティの大量生産における品質管理

大量生産する上で大切になってくるのは品質管理です。大量に作っても不良品率が高ければそれは製品1個当たりのコストにダイレクトに影響してくるため、しっかりとした品質管理の体制が重要になります。特に本革製品の場合は、自然素材を使用している為、素材によって多少の違いが出てきます。その中で安定した製品の品質を確保するのは難しく、品質管理には特に気を使っています。

弊社の革ノベルティ製品の品質管理体制

弊社では、入荷した革一枚、一枚検品し、各工程でのチェック体制を整え、最終工程を熟練した職人が手掛けることで、優れた品質と仕上がりを実現しています。

本革製品の大量生産ならエヌコバヤシへ

国内ならではの現物を対面で確認しクイックレスポンスで進行できるといったお客様とのコミュニケーションを短期間でより円滑に行うことができるため、お客様の要求や変更に柔軟に対応できます。

それによって、製品のすり合わせや生産サイクルを短縮でき、需要の変動や市場のトレンドを最大限取り入れられるため、機会ロスや在庫負担を減らすことにつながります。

お客様の立場になり、素早く市場に反応し、新たな機会を迅速に捉えることで強固な信頼関係を築けるよう心がけています。