弊社で製作しているノベルティなどは、すべて本革を使用しております。これにはノベルティとはいえ、本物を使って欲しいという弊社の願いもありますが、弊社の製品が架け橋となって、関係を長いものにして欲しいという願いも込められています。

本革と合皮

一言で「革製品」と言うと、本革(Real leather)が指されることがほとんどですが、中には合皮(Fake leather)もあります。見た目には大きく違いませんが、フェイクという言葉にもある通り、「長く使う」という観点から考えれば雲泥の差が出ます。

本革の場合、「経年変化」「エイジング」という言葉が使われ、使うことで味が出て本革本来の魅力が引き出されるのに対し、合皮の場合、「経年劣化」という言葉が使われ、その名の通り品質が低下することがほとんどです。なので、合皮の場合寿命は約3年と言われています。

本革(Real Leather)

合皮(Fake Leather)

革の種類

基本的に革という言葉は、「動物の皮を鞣(なめ)しなどの処理をして保存性、柔軟性を高めたもの」の事を言います。なので革の中には最も代表的な牛の革を始め、馬、豚、高級で珍しいものでワニや鹿、イノシシなどの革もあります。

弊社で製作をさせて頂くものの多くは牛革です。

これは革の中で流通量の多さから比較的安価で仕入れることができ、量産を前提とした製品を作るのに向いているからです。また、他の皮革より、基本的には厚くしっかりしており、「経年変化」を楽しむという観点からも適しており、大切なお客様との長年の関係構築の一助になればと思います。

流通量の多い牛革

ベルトや財布など様々なシーンで使われています。